ホテルコース

HOTEL

卒業生インタビュー 先輩に仕事の ”やりがい” を聞いてみよう。

矢野 桜子さん
INTERVIEW

パレスホテル東京 宿泊部 クラブラウンジ課

矢野 桜子さん
ホテル3年コース 平成29年 卒業(福岡県 中村学園女子高等学校出身)

「一人として、同じお客様はいない」

パレスホテル東京に訪れたお客様に優雅なひとときを提供するため、クラブラウンジ課は、お部屋へのご案内やお食事の提供と、チェックインからチェックアウトまで、あらゆるご要望にお応えします。たとえ慣れない業務で忙しくても、余裕を演じ、今お客様が求めているサービスとは何かを考え、実現しなければなりません。一人として同じお客様はいらっしゃらない。だから、喜んでいただけることが何よりも嬉しいですね。

坂元 穂乃香さん
INTERVIEW

ANAインターコンチネンタルホテル東京 中国料理「花梨」

坂元 穂乃香さん
ホテル2年コース 平成29年 卒業(福岡県 筑紫台高等学校出身)

「レストランのひとときを、サービスで演出する」

ホテルレストランで過ごすひととき。その思い出を良いものにするには、料理がすべてではありません。そこに、気持ちの良いサービスが行き届いているのかも重要です。なかでも中国料理のサービスは、他とは少し違います。厨房から料理が運ばれて、お客様の目の前で最後の手が加えられ、はじめて料理が完成します。働きはじめてまだ一年足らずですが、新しいことを覚える日々が大変であり、楽しくもあります。

池田 銀次さん
INTERVIEW

セント レジス ホテル 大阪 宿泊部

池田 銀次さん
ホテル3年コース 平成29年 卒業(長崎県立島原高等学校出身)

「世界に通用する、サービススタッフになる」

就職先に外資系ホテルを選んだのは、海外拠点もあって、世界に羽ばたけるチャンスが多いと思ったからです。現在は、多国籍なスタッフと外国人ゲストに囲まれて、英語でおもてなしをしています。チェックインや荷物の運搬、ちょっとしたサービスの中にも、一歩踏み込んだコミュニケーションを心がけています。ナカムラに通った3年間で見つかった夢。そして、学んだ英語のスキルをさらに磨き、グローバルに活躍できる人になりたいですね。

金 尚炫さん
INTERVIEW

博多グリーンホテル 接客部

金 尚炫さん
ホテル2年コース 平成29年 卒業(韓国出身 留学生)

「言葉を超える、おもてなしを」

ナカムラに入学したのは、日本のおもてなしを学びたかったから。学校では教科書はもちろん日本語だから、電子辞書で予習して授業にのぞんでいました。博多グリーンホテルで働きはじめて、「日本語上手ですね」と言ってもらえたときは嬉しかった。言葉は、まだまだ勉強中です。だからこそ、心を感じるサービスを提供することをめざしています。将来は自分のホテルを持ちたいと思います。ここで、世界最高峰の日本のサービスを身につけていきます。